身近な自然  

2019年6月14日金曜日

コチドリ、チョウゲンボウ、子ツバメの悲劇、ノスリ幼鳥

代かきされた田んぼで、コチドリの声ががするので、探す。保護色のコチドリ、動いてくれないと何処にいるのか分からない。鳴きながら2羽が飛び立つのが見えた。どうしたのだろうと見ると、上空をチョウゲンボウが飛んで電線に止まるのが見えた。
ようやく見つけたコチドリ

チョウゲンボウ

子ツバメの悲劇
道路上に子ツバメ一羽がじっとしているので、どうしたのだろうと近づくと、ようやく飛んだ。と、足元に車に轢かれたらしい子ツバメがころがっていたのでびっくり。近くでじっとしていたのは兄弟だったらしい。飛んでいった先にはやはり同じ兄弟だろうか、数羽が道路にいるのが見えた。巣立ったばかりの子ツバメが輪禍に会うことは珍しいことではないのかもしれない。たたずんで動かず見つめていた兄弟の姿が心に残った....。


ノスリ幼鳥 まだ林内にいて、ほぼ同じ場所に止まっていた。トレーニングしている様子はまだない。親は餌探しに忙しいのかもしれない。昨日、カラスにモビングされているのが見られた。


ヒメアカタテハ、ツバメシジミ、ヒメジャノメ、アカスジアオリンガ、ドヨウオニグモ

最近見た蝶と蛾と蜘蛛

ヒメアカタテハ

ツバメシジミ  2ヵ所で見られた

ヒメジャノメ  一化目のヒメウラナミジャノメが消え、ヒメジャノメ、ジャノメチョウの姿が見られるようになった

アカスジアオリンガ  白っぽく見え、ヒトリガかと思ったが、よく見るとピンクのような赤っぽい縁取りがあるなかなか美しい蛾

ドヨウオニグモ? 人面顔のような目立つ蜘蛛

2019年6月12日水曜日

ノスリ幼鳥

巣立って10日以上経ったが、今朝は姿もなく声も聞こえなかった。林から出てトレーニング中?

6月8日



6月11日

ニホンミツバチ

町のMさん、今年初めてニホンミツバチ用の巣箱を手作りし、5ヵ所に設置したところ、なんと2個の巣箱にニホンミツバチが入ってくれたとのこと。巣箱を置いておくだけで、ミツバチの方からやってくるとは驚き。環境がいいところということかも。ニホンミツバチのハチミツは希少価値。今後が楽しみ~♪

梅の木の下に設置された巣箱



散歩中見かけた民家の庭のツツジ



結構大変な作業だと思うけど....。いいね。

2019年6月7日金曜日

ノスリの幼鳥 巣立ち

今年初めてノスリが繁殖し、2羽のヒナが誕生。元気に育ち、先日無事巣立つことができた。これから独立に向けて、親の特訓?がはじまる。

5月29日のきょうだい
左が一番子 胸の羽毛が違う

5月30日 一番子が枝移り(巣立ち)

6月1日 二番子も巣立ち

6月6日 林内で自由に動いているようだ この日の朝多分一番子と思われる幼鳥がカラス2羽にからまれていてハラハラしたが、無事にやり過ごしたようだった

時々巣のあった木に戻ってくるようだ


親がネズミを運んできた
人がいると邪魔になるのではと思い、その場から離れた

3月から続けた観察記録をまとめ中