身近な自然  

2020年8月7日金曜日

ハイイロチョッキリ

雑木林の側道に切り落とされたクヌギの枝が散乱していた。上を見上げるとクヌギの小枝がくるくる回りながら落ちてきたりしている。ハイイロチョッキリがクヌギの実に穴を開けて産卵し、枝を切り落としているようだ。


枝の散乱状態からハイイロチョッキリはたくさん?いるようだが、高すぎてその様子を見ることは不可能だ。落ちてくるのを眺めながら、ふと近くのコセンダングサの葉にいる虫に目がいった。なんとハイイロチョッキリさんが止まっている!勢いあまって枝と一緒に落ちてきたのだろうか。運よく出会えてラッキー!!

クヌギのドングリに開けられた穴と枝の切り口 
ここまでに要する時間は3時間とか....。わずか1センチ足らずの小さな虫にとっては重労働だね~。

枝ごとドングリを落とすのはハイイロチョッキリだが、産卵してドングリだけを落とすシギゾウムシもいる。2017年5月に見つけたシギゾウムシ。コナラシギゾウムシとかクヌギシギゾウムシなど数種類いるようだが、触角の節の長さで同定するとか。

クワカミキリ、カブトムシ、サトキマダラヒカゲ、ルリタテハ、コムラサキ、ムラサキシジミ、アカスジキンカメムシ幼虫、ハゴロモ2種

クヌギに来ていた虫たち
クワカミキリ 大きなカミキリ虫

カブトムシ

サトキマダラヒカゲ  大変多く乱舞していた


ルリタテハ、コムラサキ
樹液の常連さん



久しぶりに見たムラサキシジミ 羽化したばかりのようなきれいな個体だった

アカスジキンカメムシの終齢幼虫

ハゴロモ2種
アミガサハゴロモ 徐々に全身の粉が脱落して黒っぽくなる。

スケバハゴロモ

2020年8月4日火曜日

ムクドリ、アブラゼミ

夕方、やたらにムクドリが多いことに気が付いた。6時過ぎ、外に出てみると、西側の電線にムクドリの大集団が止まっていた。おびただしい数!



しばらく見ていたが、下を軽トラが通ったところ、いっせいにワァ~~と飛び立ち、南方面にアッというまに消えていった。何だったのだろう。移動中にちょっと休憩していった?去年はツバメの大集団の塒入りが見られたが、今年は塒にしていたヤナギの林が冬に剪定され、塒としては使えなくなってしまった。元の林になるまではまだ数年かかるかも。

今年初のアブラゼミ(夕方7時ごろ)
ムクドリを見て家に戻ってしばらくすると、庭の方からジィーと大きな声が。お、アブラゼミの声だ!と外を見ると夏椿の幹に黒っぽいものが止まっているのが見えた。今年初めて見るアブラゼミだった。長い梅雨があけ、いよいよというか、ようやくというか夏本番!

昨日、今日と南東に見える月がやたらに赤かった。

2020年8月2日日曜日

キツネ その後

キツネは人が活動する時間帯には見られないので、早朝、5時半ごろ探しに出る。家の近くの用水路の法面に穴がたくさん(@_@)。最近掘られたようだ。キツネの仕業だ!穴の近くにはペットボトルやゴミが散乱し、靴やサンダルもある。用水路の法面は除草剤が散布されたようで、おかげで草に邪魔されることなくキツネにとって容易に穴を掘ることができたようだ。




子ギツネたちがよく見られた場所近く、民家のハウスのすぐ近くに一匹のキツネがいた!餌探し?

やがて私の姿に気が付き、竹林の方に逃げて行った。

帰り道、休耕地にサンダルが2個見られた。1個は用水路の穴のそばにあったサンダルの片方のようだ(-_-;)。近隣の民家から失敬してきたと思われる。今までに5~6個ほど見ているので被害は広がっているのでは?という我が家でも4日ほど前、サンダル1足が消えていた。やられたようだ。そのうちどこかで見つかるかも。キツネたちがずっとこの周辺に生息を続けていると問題になりそうである。

2020年8月1日土曜日

ニホントカゲ孵化

今日10時半ごろ、ニホントカゲの赤ちゃんが孵っているのに気がついた。

卵から顔を出している

昨日卵が一個つぶれた感じになっていたのは孵化できなかった卵と判明。
3匹を手に乗っけて記念撮影。

とりあえず、親元に返そうとブロックをあげて3匹を放す。親はびっくり?何事かと逃げていってしまった。いったん親元を離れた卵はもう自分のものではないらしい....(^^;。

後で見たところ親は戻っていて再び卵を守っていた。3匹は見当たらず。多分元気に生きていけると思う。またどこかで会いましょう。気温が高い屋内の飼育箱の卵はやはり孵化が早い?ブロック下の卵の孵化もまもなくと思われる。それにしてもカナヘビのように親がいなくても孵化できるのに、卵を守るニホントカゲの親ってどういう役割なのだろう。
追記:翌日、孵化が始まり、夕方までには9個すべて孵化したようだ。
朝6時半の様子。4匹孵化しており、1匹は顔を出していた。